ビタミンB1



糖質がエネルギーに変わるのを手助けする役割から、
ご飯を主食とする私たちには欠かせないビタミンです。




◇ビタミンB1は、糖質代謝の補酵素としての働きがある

ビタミンB1は、身体の中で糖質がエネルギーに変わる時に
必要な補酵素として重要な働きをしています。

エネルギーの約半分をご飯などの糖質から取っている日本人に
とっては、大変重要なビタミンです。

ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝がうまく行かなくなり、
その結果、乳酸やピルビン酸などの疲労に
関係する物質がたまり、疲れや筋肉痛の原因になります。


◇ビタミンB1は、神経機能を円滑にする働きも持っている

ビタミンB1は、脳の中枢神経や手足の末梢神経の働きを
正常に保つ為にも役立っています。
不足すると、手足の痺れや反射神経の異常などの
症状が出てきます。


◇ビタミンB1は、不足すると神経機能に異常が起こります。


ビタミンB1が不足すると、食欲不振や倦怠感・手足のしびれなど
カッケの症状が現れ、ひどくなるとむくみ心臓肥大が見られます。

江戸時代末期に、江戸で働いていた若い方々に流行した
江戸わずらい」は、後に
ビタミンB1欠乏症によるカッケとわかりました。

現在、カッケにかかる人はほとんど居ませんが、
糖質やアルコールを多量に取る人
運動によるエネルギー消費量が多い人の中に、
潜在的なビタミンB1欠乏症の方が、
かなりいると考えられています。


◇ウェルニッケ・コルサコフ症候群

ビタミンB1が不足する事で、中枢神経が侵される欠乏症の事で、
手足の麻痺・意識障害が起こります。
アルコールを多量に飲む方に多発します。


◇お米の精製度が高いほど、ビタミンB1は減る

日本人は、穀物から糖質をとることが多いのですが、
穀物の胚芽は、ビタミンB1の宝庫です。

しかし、胚芽は、精米や粉にする過程で削り取られます。
精米など精製度が高いものほど、
ビタミンB1の含有量は少なくなり、
さらに洗う事で、より減ってしまいます。

精米を沢山食べて、おかずが少なかった大正時代は、
ビタミンB1欠乏によって起こるカッケは
国民病」といわれ
日本中に蔓延していました。


◇ビタミンB1の上手な取り方

主食は、玄米・胚芽米・全粒粉パンなど、
胚芽付きのものがオススメです。

ビタミンB1は、水に溶けやすい性質を持ち、
加熱するといっそう溶けやすくなります。
ですから、汁ごと食べられる調理法がオススメです。
にんにくの香り成分でもあるアリシンと一緒にとると、
利用効率が高まります。

◇ビタミンB1を多く含む食品

穀類

玄米ご飯(150グラム)
0.24mg

そば(130グラム)
0.25mg

小麦胚芽(10グラム)
0.18mg

肉類

豚ヒレ肉(80グラム)
0.78mg

豚もも肉(80グラム)
0.72mg

豚ロース肉(80グラム)
0.55mg

ボンレスハム(40グラム)
0.36mg

豆・豆製品

大豆(乾燥・30グラム)
0.25mg

絹ごし豆腐(150グラム)
0.15mg



うなぎの蒲焼(100グラム)
0.75mg

豚肉・魚・豆類・種実類・胚芽付きの穀物などに
多く含まれています。




ダイエットランキングへ




国家が認めた、法人3社が完全サポート!!
社長がTV出演するほど有名な在宅ワークです。
国家が認めた<法人3社>が運営し、サポートも万全だから信頼が出来ます
会社員・主婦などたくさんの方が参加されています





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。