ビタミンK



血液を固める作用に関わる事から「止血ビタミン」とも
呼ばれているビタミンKです。丈夫な骨作りにも関係しています。



◇ビタミンKは、血液を固める酵素の成分に利用されます。

ビタミンKには、怪我や内出血を起こした時に、
止血する大切な働きがあります。

出血が起こると、血しょう中に溶解している
フィブリノーゲン」が
不溶性の「フィブリン」に変化し、
血液がゼラチン状になる事で固まります。


このフィブリノーゲンがフィブリンに変化するには、
トロンビンという酵素が必要になってきます。
ビタミンKには、トロンビンの前駆体である
プロトロンビン」の生成に
不可欠なビタミンです。


◇ビタミンKは、骨作りに必要なタンパク質を活性化させる作用もある。

ビタミンKには、カルシウムが骨に沈着するときに
必要な「オステカカルシン」という
タンパク質を活性化させる作用があります。
ビタミンDと共に丈夫な骨作りの為に重要です。


◇ビタミンKは、取りすぎても過剰症は起きにくい

ビタミンKは、脂溶性ですが、取りすぎても過剰症は
起こりにくいです。
しかし、抗血液凝固剤を服用している人や血栓症の人には、
ビタミンKを取る量が制限される事もあります。


◇ビタミンKは、不足すると、新生児は欠乏症になる事もあります。

ビタミンKが不足すると、血液凝固に時間がかかります。
腸内の細菌によって体内で合成されるので、
不足する事は少ないのですが、
肝疾患で胆汁の分泌が悪い人」や
抗生物質を長い間服用し、腸内の細菌が減っている人
などは、不足しやすくなります。


また、新生児は腸内の細菌が少ない為、不足しやすく、
頭蓋内出血や新生児メレナ(消化器官出血)を
起こす事もあります。


◇新生児が飲む「Kツー」シロップ
ビタミンKには、緑黄色野菜に含まれるビタミンK1と、
納豆などの発酵食品に含まれるビタミンK2があります。


K2は、腸内細菌によっても体内で合成されます。
腸内細菌が少ない新生児には、欠乏症を予防する為に
出産の数日たってから、ビタミンK2のシロップを飲ませます。

母乳にはビタミンKが少ないので、
1ヶ月検診時に飲ませる事もあります。

新生児の頭蓋内出血は、妊娠後期にビタミンKを取る事で
予防も出来ます。


◇ビタミンKの上手な取り方

ビタミンKは、微生物によって合成されるので、
発酵食品の納豆に特に多く含まれます。

また、植物の葉緑素でも合成される事から、
緑黄色野菜や海藻にも豊富に含まれています。
脂溶性ビタミンなので、油と一緒にとると吸収率が
アップします。熱にも比較的安定します。


◇ビタミンKを多く含む食品

野菜

あしたば(50グラム)
含有量:250ug

つるむらさき(50グラム)
含有量:175ug

かぶの葉(50グラム)
含有量:170ug

トウミョウ(30グラム)
含有量:96ug

おかひじき(50グラム)
含有量:155ug

春菊(60グラム、約2株)
含有量:150ug

ほうれん草(50グラム)
含有量:135ug

大根の葉(50グラム)
含有量:135ug

豆製品

納豆(50グラム)
含有量:435ug

納豆は、ダントツでビタミンKが豊富です。
あとは、葉っぱの野菜に多い様です。




ダイエットランキングへ



国家が認めた法人3社が運営しサポートも万全!
フリーダイヤル完備、サポートメールもあり!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。