ビタミンE



強い抗酸化力を持つビタミンです。
細胞の老化を防ぐ事から、生活習慣病の予防効果が期待されています。





◇ビタミンEは、細胞膜の酸化を抑え、
身体をさび付きを防ぐ効果がある


ビタミンEは、広く細胞膜に存在しています。
細胞膜を形作るリン脂質には、不飽和脂肪酸が多く含まれ、
これが酸化すると過酸化脂質が生まれ、
細胞を傷つけて老化が進んでしまいます。


ビタミンEは、強い抗酸化力を持っているので、
有害な過酸化脂質の生成を防ぎ、細胞の老化を防いでくれます。

また、血液中のLDLコレステロールの酸化を
防ぐ働きもあるので、動脈硬化の予防に期待されている
ビタミンです。


◇ビタミンEは、血行を良くして冷え性を改善

ビタミンEには、末梢欠陥を広げ、血行をよくする働きも
あることから、血行障害により起きる
肩こり・頭痛・冷え性などの改善効果が期待されています。


◇ビタミンEは、取りすぎても過剰症は起きにくい

今までの栄養素は、取りすぎると何らかの症状が現れました。
ですが、ビタミンEは、脂溶性ビタミンの一種ですが、
健康の人では、比較的に過剰症はありません。

しかし、過剰に取り続けてけていると、
軽度の肝障害を起こす場合も有ります。
長期間にわたりとり過ぎるのは、よくありません。


◇ビタミンEは、不足すると、赤血球膜が弱まり、溶血する事もある

ビタミンEが不足すると、血液中のビタミンE濃度が低くなり、
細胞膜の脂質が酸化され、未熟児や乳幼児などは、
赤血球膜が弱まり、溶血性貧血を起こす事もあります。


ビタミンE欠乏により、動物では不妊症・筋肉の萎縮、
人の場合は、ごく稀に感覚障害や神経症状が起こります。


◇ビタミンEの上手な取り方

ビタミンCと一緒にとると、ビタミンEの抗酸化力が
アップします。
また、β-カロテンやビタミンB2・セレンなども、
それぞれ抗酸化力を持っているので、あわせて取ると
より効果的です。

ビタミンEは、植物油に豊富に含まれていますが、
古くなったり、加熱すると酸化が進むので、
早めに使い切る事が大切です。


◇ビタミンEを多く含む食品


魚類

キングサーモン(150グラム)
含有量:5.0mg

うなぎの蒲焼(100グラム)
含有量:4.9mg

マグロのしょうゆ漬け缶詰(50グラム)
含有量:4.6mg

子持ちガレイ(130グラム)
含有量:3.8mg

油脂類

ひまわり油(13グラム)
含有量:5.1mg

綿実油(13グラム)
含有量:4.0mg

サンフラワー油(13グラム)
含有量:3.6mg

その他

かぼちゃ(120グラム)
含有量:6.1mg

アーモンド(14グラム)
含有量:4.4mg

小麦胚芽(10グラム)
含有量:3.3mg

種実類・植物油・魚介類・かぼちゃなどに多く含まれます。


ダイエットランキングへ



国家が認めた、法人3社が完全サポート!!
社長がTV出演するほど有名な在宅ワークです。
国家が認めた<法人3社>が運営し、サポートも万全だから信頼が出来ます
会社員・主婦などたくさんの方が参加されています






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。