ビタミンD



カルシウムやリンの身体への吸収を促して、骨を健康に保つなど、
特に乳幼児の骨の形成には、重要なビタミンです。




◇ビタミンDは、血液中のカルシウムバランスに関係している

食べ物から取ったビタミンDは、肝臓と腎臓の酵素によって、
活性型のビタミンDに変えられます。

活性型ビタミンDは、小腸でカルシウムとリンの吸収を促す為に、
血液中のカルシウム濃度を高め、骨の形成が促進されます。


◇ビタミンDは、血中カルシウム濃度を維持する

血液中のカルシウムは、神経伝達や筋肉の伸び縮みという
重要な働きに関係する為、常に一定濃度を保つ必要があります。

そのコントロールを行なうのが、活性型ビタミンDの役目です。

血中カルシウム濃度が低下すると、副甲状腺ホルモンなどと
協力して、小腸粘膜に働きかけ、腸管からのカルシウム吸収を
促したり、骨からカルシウムを溶かし出したりします。
これにより骨がもろくなるわけです。


◇ビタミンDは、取りすぎると
高カルシウム血症や腎機能障害が起こる


ビタミンDを取りすぎていると、血液中のカルシウム濃度が
高くなり、高カルシウム血症を引き起こしたり、
血管壁や心筋・肺などにカルシウムが沈着し、
腎機能障害を引き起こしたりします。

過剰症は、サプリメントなどで大量に取る事で起こりやすく、
普通に食事で取る場合は、起こることはほとんどありません。


◇ビタミンDは、不足すると、骨軟化症、子供の場合は、クル病になる

ビタミンDが、不足すると成人の場合、
特に妊婦や授乳婦では、骨軟化症になります。

子供では、骨の成長障害が起こり、
背骨や足の骨が曲がったりし、X脚・O脚・クル病になります。
高齢者や閉経後の女性の骨粗しょう症の原因にもなります。


◇ビタミンDは、皮膚でも作られる

人の皮膚には、ビタミンD前躯体のプロビタミンD3が存在し、
日光の紫外線によってビタミンDに変身します。

その為、外出の機会が多く、
日光に良く当たる生活をしている人は、
ビタミンD不足になる事は、あまりありません。

夜型生活の人、日焼け止め・紫外線を遮断する化粧品を
常用している人・皮膚でビタミンD生産能力が低い高齢者などは、
ビタミンD不足に要注意です。

紫外線は、悪い事ばかり言われてますが、
多少は人のためにも必要なんですね。

◇ビタミンDの上手な取り方

ビタミンDは、脂溶性なので動物性食品の方が
効率よく吸収されますが、きのこ類でも炒め物や揚げ物にすれば、
吸収率はアップします。

きのこ類には、エルゴステロールというビタミンD前躯体が
含まれ、これは紫外線によってビタミンDに変わります。

機械で乾燥され売られている、干ししいたけは、
かさの裏を日光に当てるとビタミンDを増やす事ができます。


◇ビタミンDを多く含む食品

魚類

アンコウ・肝(50グラム)
含有量:55ug

紅ザケ(100グラム)
含有量:33ug

塩ザケ(100グラム)
含有量:23ug

カラフトマス(100グラム)
含有量:22ug

サンマ(150グラム)
含有量:20ug

イサキ(180グラム)
含有量:15ug

シマアジ(80グラム)
含有量:14ug

イワシの丸干し(30グラム)
含有量:13ug

きのこ類

白きくらげ(5グラム)
含有量:49ug

黒きくらげ(3グラム)
含有量:13ug

魚類(特に青魚)、卵黄、乳製品、きのこ類などに多いです。



ダイエットランキングへ



国家が認めた、法人3社が完全サポート!!
社長がTV出演するほど有名な在宅ワークです。
国家が認めた<法人3社>が運営し、
サポートも万全だから信頼が出来ます
会社員・主婦などたくさんの方が参加されています




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。