ビタミン



生きていく上で、不可欠な微量の栄養素。
人に必要なビタミンは13種類あります。
生命」を意味する
ラテン語「VITA」が語源と言われています。




◇ビタミンは、不足すると、欠乏症を起こす

ビタミンは、3大栄養素のように、
エネルギー源・身体の作る成分にはなりません。

ですが、身体の機能を正常に維持する為には、
必要な栄養素です。
現在、人に必要なビタミンは、13種類あると
いわれます。

いずれも、必要量はごくわずかですが、
食べ物から摂取しないと、それぞれのビタミンに
特有の欠乏症が起きます。


◇ビタミンは、栄養素の代謝の「潤滑油」

多くのビタミンは、「糖質・脂質・タンパク質」の代謝を
円滑に行う潤滑油のような働きをしています。

また、「血管・粘膜・皮膚・骨など」の健康を保ち、
新陳代謝を促す働きにも関係しています。


◇ビタミンは、溶解性の違いで、2つに分類される

水に溶けにくく、アルコールや油脂に溶ける性質を
持つビタミンを「脂溶性ビタミン」と言います。
ビタミンA・D・E・Kがそうです。

脂溶性ビタミンは、肝臓に貯まるため、
取りすぎると「頭痛・吐き気」などの
症状を起こします。

通常の食生活では、取りすぎる心配はありませんが、
サプリメントなどで大量に取る場合は、注意が必要です。

水に溶けやすく、油脂には溶けにくい性質を
持つビタミンが「水溶性ビタミン」と言います。
ビタミンB群とビタミンCがそうです。

水溶性ビタミンは、取りすぎても身体の中に貯まらず、
排泄されますので、毎食の、食べ物から一定量を取る
必要があります。


◇ビタミンの種類と働き
◇脂溶性ビタミン

種類:ビタミンA(別名:レチノール・β−カロテン)

働き
目の網膜組織の成分、皮膚・粘膜を健康に保つ
抗がん作用


種類:ビタミンD(別名:カルシフェロール)

働き
カルシウムの吸収促進、骨の成長促進
血中カルシウム濃度の調整


種類:ビタミンE(別名:トコフェロール)

働き
細胞膜の酸化を防ぐ、過酸化脂質の生成防止
老化予防、赤血球の溶血予防


種類:ビタミンK(別名:フィロキノン)

働き
血液凝固因子の生成、カルシウム結合
タンパク質の生成


◇水溶性ビタミン
★ビタミンB群

種類:ビタミンB1(別名:チアミン)

働き
補酵素として糖質の代謝に関係
神経機能を正常に保つ

種類:ビタミンB2(別名:リボフラビン)

働き
補酵素として糖質・脂質・タンパク質の代謝に関係
成長促進、過酸化脂質の分解


種類:ナイアシン(別名:ニコチン酸・ニコチン酸アミド)

働き
補酵素として糖質・脂質・タンパク質の代謝に関係


種類:ビタミンB6(別名:ピリドキシン)

働き
補酵素としてアミノ酸の代謝に関係
神経伝達物質の合成


種類:葉酸(プテロイルグルタミン酸)

働き
赤血球の産生、補酵素としてDNA合成に関係
胎児の先天異常の予防


種類:ビタミンB12(別名:コバラミン)

働き
補酵素としてさまざまな反応に関係
正常な赤血球の産生、神経機能の維持


種類:ビオチン(別名:ビタミンH)

働き
補酵素として糖質・脂質・タンパク質の代謝に関係


種類:パントテン酸(別名:ビタミンB5)

働き
補酵素として糖質・脂質・タンパク質の代謝に関係

以上が「ビタミンB群」です。


種類:ビタミンC(別名:アスコルビン酸)

働き
コラーゲン合成、筋肉・血管・皮膚・骨の強化
過酸化脂質の生成を抑制、抗がん作用



ダイエットランキングへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。